老化防止にいい食事って?

賢くキレイナ日常の新常識 > 老化防止にいい食事って?

老化防止にいい食事って?

老化防止には、ビタミンEを含んだ食品を取り入れて、バランスのいい食事を摂るといいみたいです。

ビタミンEには、抗酸化作用(カタラーゼやペルオキダーゼなどが抗酸化酵素として代表的です)があるので、老化の原因である活性酸素(抗酸化物質を摂取するのもいいですが、なるべく発生させないように努力するのも大切ですね)を抑制可能だからです。

ビタミンEとともに、ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)AとビタミンC(化学的な定義では、アスコルビン酸のL体のことをいいます)を摂取する事により、その抗酸化作用が高まるになるでしょう。

ビタミンEが含まれているオリーブオイルベースのドレッシングで、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)豊富な野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)をサラダや温野菜(手軽に温野菜を作る調理法として、タジン鍋やシリコンスチーマーが人気です)でたべると良いですよ。

アボカド、ナッツ類、たらこ、青魚などに、ビタミンEが豊富にふくまれています。

ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)Aは緑黄色野菜、バター(パンに塗ったり、洋菓子の材料の一つになったり、料理に使われることも多いです)、牛乳(たまに?に手を当てて飲む人がいますよね。 お酒を飲む前に飲んでおくと、悪酔いしないともいわれています)、ビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)はピーマン、かいわれ大根、イチゴ、小松菜、ブロッコリー等に多く含まれていますので、参考にしてください。

ほかにも、豆類などで良性なタンパク質を積極的に取りいれた食事も良いです。

何故なら、細胞が生まれ変わるには、タンパク質(体の20%を構成しており、不足すると基礎代謝が低下しますし、体調に不具合が生じるでしょう)を必要としているためです。

しかし、ビタミンEやタンパク質(ダイエットするなら、むしろ積極的に摂った方がいいでしょう)のみでよいというわけではありません。

バランスの良い食事をすることが大切なので、偏食(体にとって必要な栄養素が足りないと、過?に食欲がわいたりします)にならないように、様々な食品をメニュー(飲食店ではメニュー表のデザインにもセンスが現れますね)にとりいれて、色んな栄養を摂るようにするといいですね。