大負けするパターンとは?

賢くキレイナ日常の新常識 > 大負けするパターンとは?

大負けするパターンとは?

FXで大負けするパターンで珍しくないのは、FX(Foreign eXchangeの略称で、日本語では外国為替証拠金取引と訳されています)に関する知識をろくに身に着けずにトレードをしたケースです。

現在の時代、FXは副業(サイドビジネスや兼業という表現もあり、収入を得るための手段も様々です)や手軽な投資法として大変な人気を誇っているため、書店にもFX(1998年の外国為替法改正をきっかけに誕生し、ブームになりました)に関する書籍がたくさん並べられていますし、インターネットにもたくさんある解説サイトがあることでしょう。

FX(1998年の外国為替法改正をきっかけに誕生し、ブームになりました)とはどういう取引をいうのか、どうすれば利益が出てどうすれば損失がでるのか、これらの基礎知識を大まかにしか把握していないうちに、FXで取引をしてしまって大負けするのが一番多いパターンになります。

例えば、「安くなった時に買って高くなった時に売ればいいんでしょ?」という考えで安易に取引を開始してたとします。

以前の終値や値動きのパターンなどを把握しいませんので、売買のタイミングの判断もいいかげんなものになってしまってがちです。

そのため、安くなったと思って買ったのに、それからどんどん値が下がっていき、最終的に購入価格よりも低い金額で売るはめにおちいったと言ったパターンになってしまうでしょうね。

また、適切なタイミングでロスカット(初心者ほどできない傾向にありますが、早めに決断しないと損失が広がるねかりでしょう)ができない場合、更に、大負けしてしまうでしょう。

どれだけデモトレードなどでシミュレーションしていても、実際に自己資金で投資していては、冷静な判断がしにくくなります。

ロスカット(初心者ほどできない傾向にありますが、早めに決断しないと損失が広がるねかりでしょう)をしなくてはと思っても、なかなか実行に移せないでいるうちに、ずるずると大負けしてしまうというのも事も少なくないパターンになりますね