食事を気をつけることが重要?

賢くキレイナ日常の新常識 > 食事を気をつけることが重要?

食事を気をつけることが重要?

喘息とは、のどや肺の病気(先天的なものも少なくないでしょう)のように思っている人がとても多いみたいです。
しかし、実は喘息患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)の多くがアレルギーの一種のだそうです。
原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)が特定出来ない喘息の患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんもいるのですが、殆どの患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんは何らかの物質に反応してアレルギー反応が咳と言った形で出ており、特に小児喘息ともなれねその90%がアレルギーと言われています。
喘息のアレルゲン(それぞれの人で違いますが、アレルギーを起こしやすい物質も存在します)となるものとしては、排気ガス(大気汚染)や動物の毛などがよく知られているのですが、実際にはそれだけではなく卵・牛乳(その名の通り、牛のお乳です。
苦手だという方も少なくないですね)・大豆・蕎麦など食品が原因のこともあるのです。
ですから、アレルゲンが分かっている人はそれらの食物を摂取することでないようにしなければならないでしょうし、アレルゲン(ハウスダストや花粉、フケ、カビなどの他、特定の食べ物がアレルギーの原因になってしまうこともあるでしょう)が分かっていない人の場合なら速やかにアレルゲン(血液検査などで特定できることもありますが、はっきりとはわからない場合も少なくありません)を特定しなくてはなりません。
このように、喘息発作を引き起こしてしまう食物を排除することが大変重要なのですが、それと共に、喘息発作を軽くするための食品も積極的に摂りたいだと言えるのです。
喘息発作は自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)の働きを整えることで、症状を緩和したり発作を抑えてたりできますので、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)の働きを助けるような食事をこころがけることも必要になります。
実際には栄養バランスの良い食事を摂るのが一番なのですが、食べられるものが限定されている時にはなかなか難しい事もあるみたいです。
特に、積極的に摂取していただきたいのは、食物繊維や酸味の強いだと思います。
逆に、気道の収縮を起こす食品は避けるようにしましょう。
ホウレンソウ・ナス・トマト・たけのこ・ピーナッツ・蕎麦・発酵食品・青魚・甲殻類などには要注意でしょう