高卒でも行政書士になれる?

賢くキレイナ日常の新常識 > 高卒でも行政書士になれる?

高卒でも行政書士になれる?

行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の受験者数は平成12年度の規制緩和以降、大幅に増加しています。
でも、合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。
受験する時の目安にされます)が規制緩和によって大幅に変わったかというと、その影響はあまりないものです。
受験者数が増えた分だけ、合格者も増加傾向にあるため、規制緩和前と後での合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)に大きな差は見られません。
行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の合格率は、高いときで19%台、低い年で2%台、平成23年度は8.05%です。
人気の高い行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)だけのことはあり、難易度は高いのだそうです。
行政書士試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)は、受験資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)に制限が無い為、誰でも自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)に受験することができます。
もちろん、高卒(派生語として、高卒資格や高卒学歴といった言葉も使われています)でも受験する事が出来ます。
しかし、試験問題が高卒(後期中等教育の課程修了を意味する言葉です)で解けるかっていえね、難易度の高さからも分かるように、そうとは言えないでしょう。
出題される問題のすべてが高レベルというわけではなく、中には中学生(青春だったと思う方も多いことでしょう)レベルのものもありますよ。
行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)は、出題範囲が中学レベルから大学の一般教養レベルまでと幅広く、高卒で受験する際には、かなり必死で勉強しなければならないのは言うまでもありません。
大卒でも勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)は不可欠です。
行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)は、受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)が特に設けられてありませんので、どういった方でも自由(ないと思っているのは自分だけで、本当はいつでもそうだという人もいますよ)に受けることも可能になります。
極端な話、高校在学中でも受ける事が出来るでしょうし、高校を卒業してすぐに受ける事も可能です。
ただし、たとえ試験に合格したとしても、20歳になるまでは欠格事由になりますから、行政書士の資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を使用する事はできません。
残念な事ですが、20歳になるまで待つようにしてください。