鬱の人とはどう接したらいい?

賢くキレイナ日常の新常識 > 鬱の人とはどう接したらいい?

鬱の人とはどう接したらいい?

もし、家族や同僚、友人などに「うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)だ」と告白されたらあなたはどうするでしょうか?おそらくたくさんの人達は、まず慰めて励ましてあげたくなることでしょう。 それが親しい人であれば親しいほどに、そのような感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)は強いのです。 しかし、うつ病患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)には「励ましはご法度」とされているんです。 うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)の人たちは頑張りすぎたことが原因で、心が疲れきってしまっただといえるはずです。 また、うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)を発症して何もできない状態だったとしても、本人的には激しくいろいろなことをがんねっていらっしゃるのではないでしょうか。 例えば、隣の家に回覧板を届けるだけの簡単な行動でも、普通の方が大雨の中、片道30分以上も掛けて歩いてショッピングに行くのと同じくらいの気力や体力を使用しています。 そんなに頑張っても、隣の家まで辿りつけず、自分の住居の玄関から出られないで断念する場合もあるようです。 結局、回覧板を届けられなくても、それでも玄関まで行ったことのみでもすごく本人はがんねったと言われているようです。 がんねっても出来ない方に、「頑張れ!大丈夫!君なら出来る!」といった言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)をかけるのは、逆に、激しいプレッシャー(過度に感じていると、身体的な不調が現れることもあります)になったり、こんなにがんねっているのにこれ以上頑張れないと言った挫折感を味わわせてしまいますね。 ひどい場合にはその挫折感や、何も不可能だという罪悪感などが原因で、「あなたには生きている価値がない」と言った結論に至ってしまうこともあります。 それでは、どうするのがいいのでしょうか?無理矢理声をかけたり励ましたり、強引に遊びに誘ったりせず、ただ温かく見守ってあげてください